2003年号

『日本みつばちの里』
3年目を迎え、新しい巣箱を設置しました。

 
おかげさまで、地元を始め皆の協力に支えられながら日本みつばちの里も3年目を迎えました。盛岡市郊外、東方標高700m付近に位置し、自然豊かな農村にある飛鳥の集落に、この春新しい巣箱を設置しました。
 年々手入れを加え、現在は差し立て屋根構造の塀が周囲を囲んでいます。入り口付近には休息所の小屋も造り、将来はシャワー室も設置したい考えです。
 当地の開発は、基本計画にそって高資本投入を極力控え、概ね手作りの構築を基本としているのが特徴。
 折しも四国から取り寄せた日本みつばちの移植実験を試みました。藤原会長が手際よく日本みつばちがいっぱいに群がった巣枠をそっと引き上げ、控えの巣箱に移し、貯蜜部分に群がった蜂を、両手ですくうようにして静かに新しい巣箱に移していきます。30分ほどで5枚分が終了、飛散した蜂は1時間程で新しい巣箱に入っていきます。
 慣れているとはいえ、鮮やかな手さばきに感心ひとしおです。

平成14年度定期総会

日本みつばちの会創立15年目に当たる今回の総会は、2月22日の役員会を経て3月2日に行われました。当日は「日本みつばちの魅力」と題した記念講演と、活発な意見交換が行われ、会員同士の交流と日本みつばちの情報交換に花が咲きました。

  

2001年のニュースへ

/ TOP / 日本みつばちの会ニュース / 日本在来種みつばちとは? /
/ 日本みつばちの会会員になりませんか? / 日本みつばちを飼ってみましょう /
/ 藤原養蜂場ホームページへ /